施設概要

社会福祉法人かながわ共同会の基本理念

社会福祉法人かながわ共同会は、
誠実と信頼を旨とし、人権に根ざした利用者本位の考え方に立ち、多様なニーズに対応する支援体制の整備、サービスの量的、質的充実につとめ、利用者と地域社会の繁栄に貢献するとともに社会的な法人としての価値を創造していきます。

概況

Overview

平成29年から横浜市港南区芹が谷(旧ひばりが丘学園)に仮移転しておりました津久井やまゆり園は、この度、相模原市緑区千木良において建替工事が完了し、去る8月1日に利用者様も引越しいたしました。

また、同日より津久井やまゆり園芹が谷園舎は、新たに芹が谷やまゆり園として運営を開始し、本年12月までに敷地内で建設中の新施設に移転する予定です。

この間、神奈川県、相模原市、横浜市をはじめとし、多くの皆様のお力添えを賜りましてこの日を迎えることができましたことをこの場をお借りして深くお礼申し上げますとともに、引き続きご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

沿革

History

平成29年4月

平成28年7月に発生した津久井やまゆり園事件の後、神奈川県が定めた津久井やまゆり園再生基本構想により、津久井やまゆり園の一部建て替えが決定された。建設期間中の仮移転先として、平成29年3月に閉園したひばりが丘学園を一部改修し、定員114名の津久井やまゆり園芹が谷園舎として利用することとなる。

令和3年8月

相模原市緑区千木良に新津久井やまゆり園が完成し、一部の利用者が移転する。津久井やまゆり園芹が谷園舎は、新たに芹が谷やまゆり園(定員60名)として運営を開始する。

組織

Organization