2021年8月1日

芹が谷やまゆり園がスタートしました!

平成29年から横浜市港南区芹が谷(旧ひばりが丘学園)に仮移転しておりました津久井やまゆり園は、この度、相模原市緑区千木良において建替工事が完了し、8月1日に利用者様も引越しいたしました。

同日より津久井やまゆり園芹が谷園舎は、新たに芹が谷やまゆり園として運営を開始し、本年12月までに敷地内で建設中の新施設に移転する予定です。

園長就任のご挨拶

8月1日、芹が谷やまゆり園の園長に就任いたしました、守民夫でございます。

平成28年7月26日発生した殺傷事件により尊い命を奪われた19名の皆様の御冥福を、あらためましてお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様に謹んでお悔やみ申し上げます。また、多くの皆様に多大なるご心配、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

本年7月31日まで「津久井やまゆり園芹が谷園舎」として運営していた当施設から、8月1日に約半数の利用者の皆様が、再建された津久井やまゆり園に生活の場を移しました。同日から当施設は、新しい障害者支援施設「芹が谷やまゆり園」となり、指定管理者として運営を開始いたしました。現在敷地内に建設中の新施設には、本年12月までに移転する予定です。

平成29年4月に、旧ひばりが丘学園を改修していただき相模原から仮移転して参りまして、4年が経過しこの日を迎えておりますが、この間、地域の皆様方、神奈川県、相模原市、横浜市をはじめとし、多くの皆様のお力添えを賜りましたことをこの場をお借りしましてお礼申し上げます。誠にありがとうございました。

これからも、お一人おひとりの日々の生活支援を大切にするとともに、関係の皆様との連携を重視し、意思決定支援を継続し、利用者の皆様の望む生活の実現を目指して参ります。また、県立障害者支援施設として、地域のニーズに対応していくとともに、コロナ下ではありますが、行事、防災及び防犯等地域との連携を深めて参りたいと考えております。

職員一丸となって、精一杯取り組んで参ります。どうぞよろしくお願いいたします。